兼六パークタウン 東久留米第90期、新築一戸建て分譲住宅・兼六パークタウンシリーズ

兼六パークタウン
「東久留米 第90期」

資料請求

来場予約

お問い合わせは

0120-774-999

年中無休9:00~21:00


›コーポレートサイトトップページ
兼六パークタウン「東久留米 第90期」
新築一戸建て・分譲住宅の兼六ホームトップ > 物件を探す > 東久留米 第90期 > 設備・仕様

家族の安心と安全にこだわった、地震と火災に強い構造&仕様

構造&仕様

《 耐震等級3 》相当

安全性・耐震性に配慮した構造と仕様。

確かな地盤調査を実施し、必要に応じて地盤を改良、堅牢性の高い基礎構造を確保。

その土地の強度(地耐力)を計測するための地盤調査や、必要な地盤改良を行った上で、「べた基礎」「深基礎」「支持杭基礎」から基礎工事の方法を選択。地盤の支持層に安定的に乗り、確かな支持力を持つ基礎を造ります。

■建物をしっかりと支えるための基礎構造。

上部構造(建物)を安全に支持するのはもちろん、その重量による沈下や傾斜を防ぐ基礎。「べた基礎」においては、床下に敷き詰めた鉄筋コンクリートが面で建物を支えるので信頼性充分。太さ13mm及び10mmの鉄筋を間隔200mmで網状に組み、堅牢性を一層向上させています。

「柱」「壁」「床」が生む立体効果を 活用した、地震、台風に強い住まいです。

「柱」は、木造軸組工法の採用により「軸の強さ」を追求。加えてダイライトMSを「壁」に、24mm厚の剛床パネルを「床」に配することにより「面の強さ」を高めています。

耐震に配慮した構造のチェックを実施

1

壁量

2

壁量バランス(配置)

3

床倍率

4

接合部

5

基礎

6

横架材

《 省令準耐火構造 》対応

火に強く、火災保険料もお得。

1 隣家などから火をもらわない(外部からの延焼防止)

屋根や外壁、軒裏を防火性の高い構造に。屋根を市街地での火災を想定した火の粉による建築物の火災を防止できるよう不燃材料で葺くこと等としています。また、外壁及び軒裏は、建築基準法の防火構造(例:外壁に防火サイディング壁使用)としています。

2 火災が発生しても一定期間部屋から火を出さない(各室防火)

火災を最小限に食い止めるためには、発生源とその他の部分とを完全に区切る「防火区画化」が重要となります。「省令準耐火構造」では、各室を区画する構造とするため、火が他室に燃え広がりにくくなっています。加えて、室内の内側(壁・天井)には火に強いせっこうボードを使用します。火が柱などの構造材に燃え移るまでには相当時間がかかることにより、避難や初期消火が可能となります。

3 万が一部屋から火が出ても延焼を遅らせる(他室への延焼遅延)

内部で火災が起こった際、壁の内側や天井裏を伝わって火が燃え広がってしまいます。火が住宅全体に広がりにくくするため、火災の通り道となる壁や天井内部の要所(壁の内部などの取合部)に木材や断熱材(ファイヤーストップ材)を設けます。省令準耐火構造の住宅では、「各室防火」・「他室への延焼遅延」により内部火災に強い住宅になっています。

「47年の実績」安心感が違う高性能な家

最新の設備&豊富な収納
地震や火災に強い構造&仕様
住まいの安全・安心ケア